アポロどうぶつ病院ブログ

Entries

Category : 院内日誌

獣医師の杉井です。

今日のお昼休みはスタッフ共々、指扇近くの大宮武蔵野ペット霊園さんへ行ってきました。


緑に囲まれたとても落ち着ける環境にあります。
ここへ来るといつもなぜか自然と深呼吸が出てしまいます。


お盆には遅れてしまったけど、病院のお墓をみんなで掃除をしました。


お花を供えて手を合わせました。


残念ですが、死という形でお別れするケースも圧倒的に多いのが動物と暮らしていく上での避けられない運命でもあります。


でも、どんな形であれ、最後はみんな全員が安らかでいて欲しい、と祈らずにはいられません。
獣医師の杉井です。

今年も中学生の職場体験学習の生徒受け入れをさせていただきました。

さる7月11日からの二日間、新座市の新座第二中学校から二名の女の子が来てくれました。

掃除や洗濯などの雑務も手伝っていただきつつ、

歯科手術の見学


聴診器を使っての心音聴診の体験実習


ぬいぐるみと実際の外科用縫合糸を使っての外科結紮の練習



顕微鏡での標本観察体験


など、獣医師の仕事の入口を感じてもらえるような内容をやってみました。

二人とも終始熱心にとりくんでくれて、その上笑顔を絶やさないとてもいい生徒さんでした。

これを機会に少しでも動物医療の世界に興味を持ってくれればと思っています。





こんにちは、看護師の迫田です。


今日はホテルでお預かり中の子が
いないので、猫たちとゆっくり過ごしました。


水曜日は、診察はお休みなので
猫達は自由に、思いおもい過ごしています


茶白のあすかは
ボンボン付の、隠れ家が気に入った様子








隠れて、他の猫に
ちょっかいを出す機会を伺っています。笑





くるくると中の白いボールが
まわるおもちゃに、フードをいれてみました。





茶トラのぺっこが1番上手でした!












その頃、黒にゃんこは
ざぶとんでマッタリ中~






みんなが飽きた頃に挑戦!
にゃんこも上手に取れました★





このように、ただお皿にごはんを
入れるだけではなく、

少し取りにくいような容器に入れると

頭と体を使った遊びになったり
食いしん坊な子の早食い防止にもなりますね♪





今日も、ごはんの順番を
きちんと並んで待つ
かわいい猫たちでした♡








獣医師の杉井めぐみです。
手術後の傷の保護や、皮膚病のときの体の保護に…
エリザベスカラーに代わる、お洋服が新登場です❣️
去勢手術で、おなか側に手術の傷がある、ジジくん♡

手足を通して、背中側で留めるタイプの洋服なので、着脱も簡単です。

おなか側は、排泄がしやすいように設計されています♡
ジジくんのは、男の子用。
女の子用は、

ノンノちゃんが来ています♡

猫ちゃん用もあります♫

おなか側…ゴローン♡

ちょっとムチムチ感が出ちゃいます
(*´∇`*)💦
皮膚保護用は、手足の袖が付いていて、洋服の布の縫い目が皮膚に当たらないよう、表側に出ています。

モデル、ぷー。

快適な手術後のケアや、皮膚保護のために、エリザベスカラーに代わる選択肢です。
場所によっては、エリザベスカラーの方が適していることも、もちろんあります。
詳しくは、スタッフまでお声がけください♡
おまけ♫

撮影中、モデルのぷーさんの横を、何事もないかのように通り過ぎる、黒にゃん♡笑
獣医師の杉井です。

今年最後の狂犬病予防接種の集合注射に参加してきました。

場所は志木市役所前の駐車場です。

庇があるので雨天決行、とはなっていたものの、今日は本当に雲が立ちこめた<あいにくの空模様でした。
a href = "https://blog-imgs-102.fc2.com/a/p/o/apolloanimal1/fc2blog_20170427234833821.jpg" target='_blank' >

途中で何度か小雨がぱらついたり、気温も低く大変でしたが、無事に終了しました。



患者さんから「狂犬病の予防注射って必要ですか?」「うたなくてもいいですか?」という質問を受けることがしばしばあります。


ご存じの通り、現在、日本国内に狂犬病の発生はありません。

ですから、狂犬病の予防接種をうたなくてもすぐに自分の家の犬が狂犬病にかかることはまずないでしょう。

でも、そうやって狂犬病の無縁の国を作れたのはどうしてか、というと、

それは法律で決めてまで、国内の犬に行き渡るように狂犬病の予防接種を広めてきたからです。

逆に言えば、もう狂犬病は国内にないから、と予防接種を止めてしまえば、必ず狂犬病が国内で発生し流行します。

そして、いったん流行し始めてしまえば、致死率100%、治療法無し、あらゆる哺乳動物が感染する、と

ほかのどの伝染病よりもずっと怖いことがたくさんあるのです。

おそらく新型インフルエンザやSARDSが流行したとき以上のパニックが日本国内で起こっても不思議ではありません。

今狂犬病にかからない、というだけでなく、

そうならない日本の未来のために、

狂犬病の予防注射を、ぜひ多くの飼い主さんが自分の家の犬に受けさせて欲しいな、と思います。


・・・ノミダニ、フィラリア、混合ワクチン、歯みがき、健診・・・

動物病院として色々なことを予防して頂きたいと思いお勧めしますが、

どれか一つだけ、

と言われたら、やっぱり狂犬病予防です。

ごく簡単な注射で、犬自身と、飼い主さんと、となりご近所さんと、となりご近所さんの犬と、そして日本の未来と、

大げさですが、そんなものまで全てまとめて守ってくれる予防注射はなかなか無い、と思います。

プロフィール

apolloanimal

Author:apolloanimal
埼玉県志木市のアポロどうぶつ病院です。
http://www.apollo-ah.com/

診療対象:
イヌ、ネコ、ウサギ、フェレット、ハムスター
診療時間:
午前9時~12時 午後4時~7時
休診日:
水曜全日、日曜祝祭日午後
(時間外、救急対応、場合によって可能です。HPをご覧下さい。)
駐車場:
病院前4台あり

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
Copyright © apolloanimal